捨てる神あれば拾う神あり  Part2
海外旅行。潜む神と魔物。騙された怖かった泣けた嬉しかった、笑える話
海外旅行TOP タイ料理他 お土産 ひらき犬 ブログ 写真ブログ
海外旅行旅のトラブル喜怒哀楽
タイ編
サソリから毒汁(プーケット)
タトゥで人気者?
とっても安全なディスコ(バンコク)
深夜でも安全なディスコとは?
盗んでないよ!(プーケット)
ホテルでのトラブル。私は無実よん
初ダイブのトラウマ(サムイ島)
遠のく意識・・・
変な出国係官(タイ)
薬物使用の暴走タクシー(タイ)
工事中なので、blogでご覧下さい
メキシコ編
水着姿激写され(イスラムへーレス)
オーバーブッキング(メキシコシティ)
アメリカ編
空港内の信号機(ニューヨーク)
モロッコ編
タロウとジロウに救われる(タンジェ)
つわもの揃いの客引きたちとの攻防
薬物入り?ミントティ(マラケシュ)
スペイン・オランダ編
○×まだついてる?(スペイン)
盗まれたものは(スペイン)
日本語に注意(オランダ)
韓国ソウル編
変なおじさんに捕まる(ソウル)
日本国内編
フライト時間が違う(成田)
BLOG他
リックを背負うと元気になるの
管理人のブログ。タイでの話しをはじめ
日常の話から美味しいものなど様々
楽園の扉
管理人の写真ブログ
タイをはじめ、世界各国の写真も
海外旅行の最新情報と
クチコミ情報掲示板!地球の歩き方

地球の歩き方のサイト(別サイト)
おすすめなものPR

JALカード。マイルが貯まる。
旅好きにはおすすめ
:::水着姿を激写され メキシコ・イスラムへーレス:::
メキシコのカンクンから船に乗り、イスラムヘーレス(写真はこちら)という海の綺麗な島に行った時の話。

根っから集団行動が苦手な私は、その日もツアーには参加せず、セントロからバスで船着場へ。島に到着後、でタクシー拾ってシュノーケリングポイントへ向った。

海は人がまばら。個人で訪れる最大の利点はここ。
当時、かなづちだった私は黄色いライフジャケットをレンタルし、いざ海へ。海はどこまでも透明で綺麗だった。一心不乱に魚を追いかける私。
そこへタンクを背負った人物が海下から浮き上がってきた。
見知らぬその男性にに赤いヒトデを渡された
・・・・ん?これって親切?

パシャ。パシャパシャ
え??え??え??。

彼は海の底、私を見上げるアングルで写真を撮り始めた。
パシャパシャパシャ。きゃぁ〜、何何何?これはいったい何?

水から顔を上げると、少し離れたところに観光船。その周囲には私と同じ色のライフジャケットを着けた人たち。
きゃー、私、ツアー客に間違われてるんだわ。
それを伝えたくても、彼は海の底。
私は懸命に、首をブルンブルンさせながら、違うのぉ〜という意味で手を振った。
しかし、このアクションは悪かったようだ。彼には私が上機嫌に映ったらしく、さらにシャッターを切る回数が更に増える。

遊んでいる風を装いつつ、彼の目を盗んでその場から逃げることにした。
それに気づいた彼が追ってくる。しかし既に距離もある。追う事を諦めると、今度は水面浮上し、「そっちいっちゃだめ!」必死に手を振る叫ぶ彼。
そうか。ツアー客はここから先は行ってはダメといわれているのね。でもそんなことはしったこっちゃない。ムシし、全速力で泳ぐ私。しばらくして、やっと彼は私がツアー客ではないとわかったらしい。

帰りのツアー船では、引き取り手のない私の写真がホワイトボードに沢山残った事だろう。
きっと、赤いヒトデを手にした私の絵皿も。
:::オーバーブッキング メキシコ・メキシコシティ:::
え??オーバーブッキング??!!

メキシコ→ニューヨーク便がオーバーブッキングの為、乗れない。リコンファームもしたし、メキシコでの飛行機は早く席に座ったもの勝ちだ。なんて危ない話をきかされていたから、相当早めに空港に行った。

UAのカウンタ、フルと首を振るだけで誰も相手にしてくれない。しつこく食い下がると、あっちに行けとコンチネンタルエアのカウンターを指差され、アタフタしていると手で追い払われた。うるる。

コンチネンタルエアのカウンタにて交渉。乗れることにはなったけれど、フライトは3時間後。ひょへぇ〜。でもその時間に街に戻って心残りだった、雑貨を買えたから○って事に。

しかし、ニューヨークに着いたときにはすでにAM1時を過ぎており、わーん、ホテルとってないよ。空港はがら〜ん。空港でまた寝ちゃう?そんな人もいないよー。ちなみに大寒波に見舞われたニューヨークはマイナス20度。ぶるるるる。

そうそう、オーバーブッキングの場合、それなりの補償があったりするらしいけれど、乗れてよかったというのと、旅の疲れとでもう、一杯一杯で、交渉する余裕もなく、何にもなしぃ。それにしても、手で、シッシ・・・みたいな、U●のカウンタの方〜、その扱いはないよね。

ハエじゃないんだから・・・さ
:::空港内の信号機 アメリカ・ニューヨーク:::
メキシコシティ〜ニューヨーク間、リコンファームするもオーバーブッキングの目にあい、乗る予定の飛行機の乗ることが出来なかった。
そんな理由で、深夜1時過ぎに空港に着いた。人はまばら。

入国の際、係員にボタンを押す様に言われる。
ん?上を見ると赤と青の信号機。
前の人は青が点灯。そのまま、通過。
私が押すと、信号は赤に。
「はい、荷物あけて」とチェックされることに。

こんなことで決めるの?あたりまえ?それともどっきり?疲れていたから幻覚だったのか。
こんな時間にニューヨーク入りとは予想していなかったので、宿もとっていない。
さぁ、これからどうしよう。
あくまでの一旅行者、私の個人的主観に基づくものです。
各自責任を持って、安全かつ楽しい旅をお願い致します。こちらも一読お願い致します。
UP


「行きタイ!活きタイ!生タイ!」
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO