タイ旅行記・ガイド/ラヤ島・プーケット

HOME
  バンコク〜アユタヤ〜プーケット〜ラチャ島
ラヤ島(ラチャ島)
画像クリックでラチャ島の海の写真が見られます
内容
・ラヤ島(ラチャ島)ツアー
・食:イッツ・アライブ
・食:カトレア
・タイマッサージ:SAI NAMYEN THAI MASSAGE
2003年11月
この旅のはじめに
24日(月) 成田→バンコク
25日(火) バンコク
26日(水) バンコク
→アユタヤ
→プーケット
27日(木) プーケット
28日(金) プーケット
→ラヤ島
→プーケット
29日(土) プーケット→バンコク
30日(日) バンコク→成田

起床(07:00)朝食(07:30)
ラヤ島行きのピックアップ(08:00)
シャロン湾到着(09:00)
シャロン湾から出発(09:30)
ラヤ島到着(10:10)
ラヤ島出発(15:30)
シャロン湾到着(16:00)
ホテル着(16:50)
夕食:it's alive(19:15)
夕食:カトレア(20:30)
タイマッサージ(21:30)
洋服屋(23:30)→ホテルに戻る
旅行明細内訳 金額
ラヤ島でシンハビール 100B ..
夕食:it's alive 570B .
 牡蠣蒸し焼き .. 160B
 イカのガーリック炒め .. .154B
 マイタイ .. 110B
 ココナッツミルクシェイク .. 60B
 サービル料 .. 48.4B
 7%TAX .. 37.27B
夕食:カトレア .... ....
 タン・テーン(ソムタムのきゅうり版) .... ..
 パッタイ .... .....
 シンハビール .... ..
タイマッサージ2h 800B 400B.
ジーンズ 299B ...
タラパトンビーチホテル延泊
   (スーペリアタイプ10%off)
2862B ....
. 計 \,

.

− ラチャ島ツアー −

ぶらりタイランド」を見て、ここラヤ島を訪れることにした。
最初、島での一泊を予定していた。
28日ラヤ島に向かい、一泊。29日ラチャ島からプーケットに戻り、その足で空港へ。
19時20分の飛行機でバンコクへ。そこで国際線に乗換え、帰国となる予定だった。
時間的には十分間に合うのだが、はやり何があるかわからない。J&Rの代理店の方とも相談した結果、
慎重をきす形で、日帰りツアーへの参加を決めた。

日本出発前、日本人が経営する旅行代理店4ヶ所にコンタクトを取った。
ラチャ島ツアーの値段や形態はみな同じ。
違うのは、シャロン湾から空港への足を手配した際の料金(500B〜1000Bのひらきがあった)。
1泊は諦めたので、空港への車は依頼しなかったが、知人から紹介いただき、
また、空港への送迎も一番安かった(1台500B)J&Rツアーさんに、ツアーの手配をお願いした。

パトンエリアへの送迎+スピードボート+昼食+シュノーケリングがセットで1人1200B。

ガイドさんは、タイ人。片言の日本語の話せる方。
説明は殆どが英語、ジョークを交えた、丁寧なガイドぶりは脱帽。
シュノーケリングの際、魚の餌として、小さなバナナが配られた。間違って食べちゃうと、結構恥ずかしい。
移動中に水やパイナップル、人が食べるようの大きめのバナナがいただける。
ビーチでは、水とコーラが無料。これは自分から「くれ!」と言って下さいね。言わないともらえませんよ。

どこまでも白い砂と青い海。スピードボートで約30分という大変手ごろな距離。
白い砂浜の上でゆっくりとした時間が過ごせます。
プーケット滞在が短い方にもおすすめできる、手軽で大変美しい島です。
次回は是非、1泊したいと思っています♪
日帰りツアーを希望される方は、ピピより移動時間が短くて済む、ラチャ島の方がおすすめかと思います。

時間通り8時にピックアップのバンがホテルフロントにやって来た。車はシャロン湾の桟橋付近に到着。いろんなツアー参加者がいます。フィンを借りたい人はここで借ります。 私達のツアーの出発が一番最後、9時の予定が30分遅れで出発。海から直接ボートに乗船するので、濡れてもいい服、靴(もしくは脱ぎやすい)がよい。私達以外に一組の日本人親子がいました。
みんな、救命胴衣を着用。
ボートはとても揺れます。船内は歩ける状態ではありません。揺れは、波を切って走る船首が跳ね上がる為の揺れです。アトラクション的な感じで、ダイナミックで楽しいですが、船酔いの心配な人は酔い止めを飲んだ方がよさそうです。(ちなみに私は服用)
シャロン湾出発後30〜40分で、ラヤ島に到着。
なんて美しいんでしょう♪真っ白な砂に青い海、青い空。とても静かな島です。海の美しさは
ピピのトンサイ<ラヤ島
ピピのラムトン≒ラヤ島
といった感じでしょうか。
海に向かって右手の小高い丘の上にバンガローが見えます。
別の湾に移動し、30分程シュノーケリングタイム。私はシュノーケルのマスクのサイズが合わず、今一つ楽しめませんでした。ツアーで用意されていたマスクはみな同じサイズという話でしたが、実際はサイズに違いがあります。自分に合ったものを探しましょう。波も少しありました。魚&サンゴはピピでのシュノーケリングより劣ります。
ランチタイム。
スープ、チキン、炒め物、魚のフライ、カオパット、ミネラルウォーターが用意されていました。
ツアーのランチなので、サンドイッチくらいかなと思っていたら、ちゃんとした食事にびっくり。
お味の方は、まったく辛くないタイ料理ってこんな味なのかぁ〜って思いました。
白い砂浜とシンハビール。
ビーチにはパラソルと椅子があり、150B。
私は殆ど海の中にいたので、借りませんでした。借りない人はバスタオル等敷物を持参した方がいいでしょう。直接荷物を置くと砂が細かく軽いので、かばんの中やカメラが砂まみれになっちゃます。
メインビーチの端の岩場でも魚が見られます。
名残惜しいけれど、ラヤ島ともお別れ。
15:30プーケットに向けて出発。また来るねぇ。
お疲れ様。プーケットのシャロン湾に到着。
それにしても海の色が違いますね。

私はこの海で、愛機のカメラGR10を水没させた(/ω\)。
この島の美しさを写真に収めることをとても楽しみにしていたので、落胆は激しいものだった。
また、愛機は製造中になっていて、再度購入も不可能だった。
何とかカメラを起動させようと、島での貴重な時間を無駄に費やしてしまった。
落ち込みながらも、マスクをはめて、海に出た。魚を見た。カニを見た。
波に漂ってみた。そんなことしているうちに、カメラなんて写真なんてどっちでもよくなった。
 It's Alive / イッツ・アライブ シーフード
住所   3/1 Hat Patong Road, Patong Beach
TEL 076-342908 場所  パトンビーチ・クラブアンダマンビーチリゾート向かい側。
営業時間 11:00〜24:00
公式HP  http://www.phuketdir.com/itsalive/
ビーチ通りから少し入った所にあり静か。テラスの白いパラソルの下で食事ができる。大きな庭に面し、広い空間が気持ちがよい。エアコンの効いた店内での食事もできる。
エアコンルームに陳列されている魚介を選び、料理してもらった。生牡蠣は辛い過去の経験からパスし、火を入れた料理にしてもらった。ガーリックが少し強すぎるかな?イカもガーリック炒めに。どちらも新鮮で美味しかったが、特筆する点なし。
サービス料も取る店だが、払う程のサービスは受けてないよぉて感じ。白いナプキンのある店だがら仕方がないか(苦笑
お店の雰囲気(テラス):○、料理:まぁまぁ、サービス:今ひとつ。といった感じ。
夕食時に訪れたにも係わらず、とても空いていた。お客は中国人の若者の団体客くらい。

 レストラン カトレア (プーケットパトンビーチ)
住 所  111 Sainamyen Rd., Patong, Kathu, Phuket 83150
TEL 076-340382 場所 パトンビーチ・サイナムエンロード。
信号からパトン病院に向かって進み、右側。
FAX
ロブスターのパットポンカリーが有名ということで、訪れた。残念がなら、ロブスターが品切れ。
ソムタムを注文。残念。パパイヤ切れ。そこで、オーナーお薦めのきゅうり版ソムタムを注文。私は全般的に歯ごたえのある食べ物が好きなので、きゅうりよりやはりパパイヤの方が好み。
決して洒落た店ではないが、なぜか落ち着く空間で、外から店内を眺めるよりもずっと居心地がよかった。商売っ気の感じられない癖のない日本人のオーナーが、親切だった。お薦めのマッサージ店をお聞きすると、近くだからとそのマッサージ店(下)まで案内してくれた。
他の店で夕食を済ませ、はしごで寄ったいい客とは言えない私達にもよくして下さった。


 SAI NAMYEN THAI MASSAGE
場所  パトンビーチ・サイナムエンロード。
 信号からパトン病院に向かって進み、レストランカトレアをすぎ、左側少し奥まった所。
TEL  076-340042
カトレアのご主人の紹介で訪れたタイ古式マッサージ。おすすめです。
表に値段が出ていないので、知らない人にはちょっと入りにくいかもしない。
店に入るとすぐ左にひなだんもどき(写真中央)がある。私達はそこで女性を選ぶことはなかった。
2人の女性に先導され、細い薄暗い階段を上る。少々怪しげな感じ。カーテンで仕切られた場所があり、そこでマッサージを受ける。写真右はフラッシュの為、明るく写っているが、こちらも薄暗い空間だった。
沢山のお客さん。聞こてくる声はタイ語ばかり。現地の方、観光客、両方の利用があるそうだ。
綺麗な店構えではないが、枕もシーツもとても清潔。
プーケットパトンエリアは観光客相手のマッサージが多く、技術レベルの低い所が多いが(前日訪れた店のマッサージは技術も接客も悪かった)、ここは技術も◎。

全般的にマッサージの値段もとてもあがっているので、驚いた。
タイ古式マッサージは1時間2時間と選択でるが、2時間が基本なので、こちらをお薦めします。

ちなみに全般的にレベルが高いお店という評価はできますが、それでも施術してくれる人によっては、あたりはずれがあるそうです。気に入った人の番号や名前を覚えておくとよいでしょう。
UP


「行きタイ!活きタイ!生タイ!」

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO