タイ旅行記・ガイド/プーケット
タイ旅行記
HOME
  バンコク〜アユタヤ〜プーケット〜ラヤ島(最終日)

タラパトンビーチリゾートスーペリアルームのバルコニー
旅行記ガイド内容
・マンゴスチン
・良心的な旅行会社
・サラ・ブアで一息
・機内でもめごと、客室乗務員に喝!
・食:屋台のチキンやソムタム
旅行明細内訳 金額
セブンイレブン 48B ..
 シンハビール缶 .. 35B
 ファンタオレンジ缶 .. 13B
ソムタム 30B ..
20B ...
スーパーマーケットで食品 850B .
市場でマンゴスチン1kg 100B .
革のバイク用ブーツ 2200B 110B
革のキーホルダー 200B ....
プーケット空港内でハンバーガー 200B ....
フレッシュミルク 70B ....
. 計 \11,540
2003年11月
このたびのはじめに
24日(月) 成田→バンコク
25日(火) バンコク
26日(水) バンコク
→アユタヤ
→プーケット
27日(木) プーケット
28日(金) プーケット
→ラヤ島
→プーケット
29日(土) プーケット→バンコク
30日(日) バンコク→成田
起床(07:00)朝食(07:30)
プールサイドでのんびり(08:30)
パトンビーチへ(11:30)
ホテルに戻り(12:30)
昼食:屋台食をバルコニーで
ホテルをチェックアウト(14:00)
買い物→サラ・ボアでお茶(16:00)
空港へのピックアップ(16:40)
プーケット発(19:40)
バンコク発(22:30)→成田着

− マンゴスチン (タイ語:マンクット) −

「果物の女王」と呼ばれるマンゴスチン、
すごーく美味しい!!
大きさは直径5〜9cm、重さは50〜150g、未熟な実は薄緑色。熟すにつれ、濃い赤紫色になる。厚さ1cmの堅い果皮に覆われている。中は、白色の果肉4〜8片に分かれ、1つの果実に 1〜2個の種がある。
果肉は柔らかく上品な甘さとさわやかな酸味がある。

タイ国内の生産地と時期
東部地域:3月〜7月(ピーク時5・6月)、
南部地域:6月〜10月(ピーク時7・8月)が収穫期。一部地域では、12月、1月にも収穫が可能。

値段は20〜50B/Kg。季節や観光地プライスと値段はまちまち。今回購入時の1KG100Bは高い。
以前日本では冷凍輸入のみが認められていたが、輸入解禁となっり、1つ300円位で食べられようになった。
皮に含まれる赤い樹液は染料にも使わるそうだ。衣服につく取れにくいので、皮をむく時は注意してね。
また、皮が堅くて割れないからと歯を立てると、しぶいからそれも止めたほうが懸命。

− 良心的な旅行会社 −

タイ旅行最終日。私達は延泊の為、このツアーから離れる。
日本出発前に『ホテルチェックOUT後、空港でチェックINまでは個人で済ませること』と書かれた離団書にサインしてきた。

このツアーには、当然、ホテルから空港への送迎も含まれているけど、私たちは離団するわけで。
私「離団しますが、ホテル戻れば、私達も(他の方と)一緒に空港まで運んでもらえますか」と、ダメもとで現地ガイドさんに尋ねてみた。
ガイド「日程表はどうなってますか?」と質問された。
日程表には自分でで空港に行く旨、明記してある(^ ^;
ガイドさんはプーケットの代理店とその件について話をしている。諦めかけていたところ、OKが出た。
なんて融通が利く会社なんだろう♪(500B〜1000B浮いたのだ)
当日、このホテルからのピックアップは私達だけだった。す、すみません&ありがとうございました。

− サラ・ブアで一息 −

初プーケットはレストランサラ・ブアが入るカバナホテルに泊まった。
当時日本ではあまり紹介されおらず、旅行代理店勤務の知人が教えてくれた宿だった。パトンでは珍しいオンザビーチの宿。

「盗んでないよ」事件にみまわれた事もあり、ドキドキしながらの再訪。プールサイドを通り、部屋のテラスで食事をとる白人夫婦やしっかりチェックを入れる警備員の前を横切り、サラ・ブアを目指した。

お客は誰もいない。従業員はテーブルに白い布をかけている。ドリンクだけでもOKだって♪夜はまま高級なこの店を独り占め(2人占め)。静かで、ビーチも見える、素敵な空間。
値段も、あら、高くない。ウォーターメロンシェイクは残念、薄かったけれど、パトンビーチを離れる前の30分。旅のしめくくりに最高だった。さよなら、プーケット!

− 機内でのもめごとと客室乗務員に喝! −

無事着陸。機内は旅の余韻で一杯だった。
前方の初老男性と中年男性が席を立った。二人とも荷物キャビネットの方を向いている。
上のキャビネットが開いた。スルル〜。ソフトアタッシュケースが席に座っている若者の頭上に落ちた。
ひぃ〜〜〜痛そうぉ。沈黙。まだ続く沈黙。謝らない中年男性。
長い沈黙の後、「おらぁ〜、お前以外に誰がおるんじゃ!」若者がキレた。殴りかかるか。そんな勢いだった。
あれはキレるよ。私なら殴っちゃうかも・・。連れも同意見だった。あのおじさん、謝らなくちゃだめだよね。いや、まてよ。あのおじさんが棚を開けたのかな?その瞬間は確かにみてはいない。 あの中年男性もかわいそうな気がした。

じゃぁ、誰が悪い・・・?そばでみていた日本人客室乗務員でしょ。彼女は困った顔をするばかり。
仲裁に入るorせめて「お怪我はありませんでしたか」と若者に声をかけるべきでは。

プーケット〜バンコクのフライトに大幅な遅れがあった。ドン・ムアン着陸後、JA○718便搭の乗客は点呼後、集団移動。日本行きの便に乗るため、みんなで走った。
乗り込んだものの、今度は、荷物棚に空きがない。
客室乗務員は、どうみても無理でしょ。という棚に荷物を押し込んだり、荷物がはさまっているから閉まらない扉を閉めようと力まかせに何度もトライしている。
機内持込みの荷物ということは、蘭の花や壊れ物もあるだろうに、先客の紙袋はもうべこべこ。
私は閉じられている棚の扉をダメもとでそっと開けてみた。空っぽじゃん。
さらに遅れて乗り込んでくる乗客、完全にてんぱってる。小さな手荷物、棚を探し、右往左往。見ていて気の毒だった。乗務員は上の棚を指さすだけ。座席の下にだって入れられるのに。乗務員もてんぱってるんだろうけれど。
客室乗務員は、すべり落ちる荷物を片手でおさえながら、ふたを閉めた。これじゃ、棚開けたら落ちてくるよね。

乗客同士のトラブルにも声1つ掛けない。
日本語が通じ、それなりの対応が受けられるからと、値段が高くてもJ○Lを選ぶ人も多い。
この程度の事で青くなってるんじゃ、緊急時、どうなってしまうのかと不安に感じた。指名で乗るのはやめよう。
旅の余韻もいっぺんに冷めた。

屋台のチキンやソムタム
場所  ソムタム:タラパトンビーチリゾートを出て、 SAWATDIRAK Rd.左。道路を渡った反対側。
 チキン:タラパトンビーチリゾートを出て、 SAWATDIRAK Rd.右。道路を渡った反対側。
激うま!チキンは少し待ったけれど、作り置きではなくて、新たに揚げてもらった。
何でこんなに美味しい〜。悲鳴もの。ソムタムも超うま!
干し海老が沢山入って、辛さもGO!ある程度、作ると、味見させてくれて、他に何を入れて欲しいか尋ねてくる。
その時点で充分美味しかった♪
持ち帰ってホテルのバルコニーで食べる。し・あ・わ・せ。
UP


「行きタイ!活きタイ!生タイ!」
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO