チャアム その1(バンコクからチャアムビーチへ)
写真集(工事中)
 他のタイ旅行記
バンコク・アユタヤ・
プーケット・ラチャ島

ラチャ島
台湾・アユタヤ・バンコク
アユタヤ
チェンマイ・メーサイ・
タチレク・サムイ島

カレン族
 タイのホテル予約
JCH
 私もよく利用しました。
 オススメ
アップルワールド
 体験談・口コミあり
ホテルクラブ
RatesToGo
ホテルクラブ
ホテルタイランド
 タイ専門です
ワット・ネランチャララマ(Wat Neranchararama)

 バンコクからチャアムへのアクセス
私の移動の際は、時間的にちょうどいいバスがなく、
途中バスを乗り換えるかたちでバンコクからチャアムビーチへ向かった。
時間はかかるし、バスは混むし、乗り換えのバスターミナルまで、ずっと立ったまま。ふぅ疲れた。
チャアムからバンコクは、乗り換えナシ、バスで1本。
交通手段を選ぶ際は、乗り換えのない方法をオススメします。

■バス:バンコク南バスターミナル サーイ・ターイから
●エアコン普通バス
  所要時間:約3時間    7時〜14:20時まで1日5本隔

■鉄道
●ファランポーン駅(バンコク中央駅)より
  所要時間:約3時間45分  急行・快速 1日2本
●トンブリ駅より
  所要時間:約4〜5時間 普通列車 1日3本
     注意!!バス&鉄道他、ダイヤ等は変動変更もありますので、各自、ご確認をお願い致します。

バス停(チャアムタウン)からチャアムビーチまでは、その辺にいたバイクタクシー(数分)を利用。
バンコク〜カンチャナブリ〜チャームビーチの旅
旅行記(チャアムビーチ編)
日程に余裕がない。でもやっぱり海行きタイ!ということで、急遽、近場のチャアムへ行くことにした。
(ホアヒンと悩むが、距離的に近いチャアム選択。しかし、交通の便をはじめホアヒンの方がよかったかも・・・)

カンチャナブリからバンコクへはバスで戻り、そのままチャアムに向った。
この時間、チャアムまで行くバスがなく、とりあえず乗ったバス。
運転手さんにここで乗り換えるよう言われ、ここはどこ?そんなバスターミナルで下車。
チャアムを通るバスを見つけ、発車までの時間、ターミナルそばの誰もいない2階の食堂で食事。
道端でトントンとソムタムを作っているのを発見。それを買って、バスに乗りこむ。
とにかく、ちょこちょこ停まるもんだから、時間はかかるし、バスは混むし。うぅ、疲れる。

運転手さんに声を掛けられ、バスを降りる。他に降りる客はいない。ここからどうやってビーチにいく?全然人いないし・・・。
バイクタクシーの兄さんたちを発見。ビーチに行きタイ旨告げ、リュックを背負ったまま、バイクにまたがる。
何件か安宿をわってくれた。でもメタワライ ホテル チャアムへ行くことにした。私たちが相当貧乏人に見えたのだろう。そこは高いから無理だやめておけ(タイ語と英語ミックスのため想像)と最後まで心配してくれた。貧乏旅行だけど、一日くらいホテルにとまりたいのよぉ。

バイクタクシーの料金はいくらだったかな。20Bだったかな。ボロウなんていう意思はゼロといった感じ。
とても感じのいいお兄さんでした。

とにかく、日本人がいない。
プールで浮いていると、女の子たちがタイ語で話しかけられたけど、わからん。
バンコクから遊びに来ている高校生だそうな。お互い、めちゃめちゃな英語で会話する。
名探偵コナンが好き!とか福山が好き!とか。日本の芸能人やアニメのこと、本当によく知っている。
タイの女子高校生とひとしきりもりあがる。こんな宿に何泊もできるなんて、なんて裕福な子たちなんだろう。

レストランでもジャパニーズだと話たら、みんな興味深そうによってきた。
そこらへんのレストランで食べたロブスターは、すこぶるまずかった。冷凍やけした感じっていうの?
ロブスターなんて注文する人(日本人)がいないから・・・だろうな(苦笑)
チャアム・ビーチ
みどころ観光スポット
 チャアム
タイ王家の避暑地として有名なホア・ヒンから25kmのところにあるチャアム。
バンコクからは178Km。
かつて小さな漁村だったが、1980年代に開発が進んで新興リゾート地。
岩場がなくて遠浅な5kmにわたる砂浜とモクマオウの林が続く、どこか日本的雰囲気もする。
ここチャアムは地元タイ人の家族連れに人気の保養地となっている。とにかくのどか!!です♪

チャアム南側からファヒンにかけては高級ホテルが並ぶ海岸は西洋人も多いリゾートビーチ的雰囲気のホテルのチャアム北側はタイ人観光客でにぎわう庶民的なビーチ。

気候・ベストシーズン
3月〜5月にかけては暑期
6月〜11月頃までは雨季
12月〜2月末まで頃が乾季。←ベストシーズン。
一般的なタイの気候とほとんど一緒。
 ワット・ネランチャララマ(Wat Neranchararama)
白いふとっちょな仏像。顔を隠し、耳を隠し。不思議。6本の腕を持つ仏陀。上写真。
ビーチの北側。少し内陸に入ったところに位置します。歩いていけます。(私はレンタルサイクルでいきました)
 チャアムの見どころ
チャアム・ビーチ、チャオサラムン・ビーチ、マルカッタイヤワン宮殿、プラナコーンキリ国立歴史公園、
プララーム・ラーチャニウェート(バンブン宮殿)、カオ・ルアン洞窟
 メタワライ ホテル チャアム:The Cha-Am Methavalai Hotel (旧:Methavalai Hotel)
チャアムで泊まった宿(ホテル)3つ星ホテル。
公式サイトはこちら(英語)から
うーん。あまり記憶に残っていないだけど(汗)、いい宿だったと思います。


 Copyright(c)2002 行きタイ!活きタイ!生きタイ! All rights reserved.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO