台北・アユタヤ・バンコク 食と買い物と夜遊び、女二人旅

海外旅行編   台北〜アユタヤ〜バンコク(台湾編)
はじめての台北。夜市で食べられるのは何でも胃袋につめちゃいましょ。
さて問題。何と読むでしょう。簡単?
2002年9月
4日(水) 成田→台北
5日(木) 台北→アユタヤ→バンコク
6日(金) バンコク
7日(土) バンコク
8日(日) バンコク
9日(月) バンコク→台北→成田
− 初めての台湾 −
「日本人を探せ!クイズ」をしながら、街を歩く。台湾人と日本人の見分けって全くつかない。街の雰囲気も日本とそっくり。感じたことはそう、台湾の人って親切。
あ...親切にしている時に、にやにやorにこにこしてちょっと不自然なのが日本人かな。私もそうなんだろうな。
■ 台北 ■

− 台北到着 −
成田発14:20、台北着16:25 
空港発17:00のバス(110元)で台北市街へ。乗り場も見つけやすいし、空港職員も親切。(写真左:空港のバス乗り場)
今夜の宿YMCAにチェックインしたときにはすでに、18時過ぎ。

− 夜市 − 士林夜市スーリンイエシー
屋台が動き出すのは夕方5時くらいから。
夜市では値段交渉OK。
ちなみに「安くして」という中国語は「便宜一點」ピェンイー・イーディエン。

通りの屋台が猛スピードで一方向に走ってくるぞ。ある屋台は洋品店の中へ。何事?警察の見回りでした。

食だけでなく、CDや衣類も売っています。連れは台湾の男性ポップス歌手のCDを購入。私は上下セットの下着を購入。なかなかかわいい。日本に帰ってから、Oh〜、Noooo〜。・・ぱんちゅに穴あいてるじゃん!
みなさん、よくチェックしてから買いましょうね。
食に関しては↓をご覧下さい。
(左写真:食の屋台が固まっているエリア)


− 終電とタクシー −
まだ間に合うかもしれないと急いで駅へ。駅には人の姿はナシ。終電、行っちゃったのかな。
タクシーの運転手さんに話しかけられる。電車がないなら、この人のタクシーがいいかな。
なんて、思っていると、猛ダッシュで駅の階段を登る女性の姿が。も、もしや、まだ電車あるの?!
駅員さんを捕まえ尋ねる。
「まだあるって!」でも切符買ってる時間なんてないよぉ〜涙...と思ったら
「早く行け!!」そういわれたんだと思う。駅員さん、通路を開けてくれた。
だだだぁぁぁ〜、一段抜かしだぁ〜、・・・目の前で扉が閉まる。あ〜ぁ、終電、行っちゃった。
タクシーの運転手さんと話なんけしなければぁ。苦虫噛み潰しながら、階段を下りる。
駅員さん、ありがとう、でもだめだったよ。そう、目と目で会話し、外へ。
バスが停まっているけれど、どのバスも目的地とは違う。
そこに、私たちと同様、手当たりしだいにバスに何か尋ねいる若者がいる。声を掛けない手はない。
彼らも電車に乗り遅れ、それでも何とか安く帰ろうとしている。それも日本人。わ〜い、ラッキー♪
タクシーをシェアし、ホテルに向かう。

ここで注意:日本と違い、一組降りた地点で、メーターを戻す様です。
台湾のタクシーはそういうシステム?なのかな?

− さよなら台北、いざアユタヤへー −
翌朝4:30起床。5時ホテルをチェックアウト。空港に向かうバスのターミナルはすぐそこ。
その為にこの宿を選んだのであった。しかし、外はどしゃぶり。
旅もまだ始まったばかりだし、ここで濡れ鼠になるのも...とホテルフロントでタクシーを呼んでもらう。
来るのがあまりに遅い。も、もしや?と思っていると、案の定、空港まで行くハイヤーがやってきた。

何度も空港まで行くことを勧められたけど、「ごめんなさーい」で、ターミナルまでお願いした。
とても優しいおじさん。料金はいらないよって、荷物を降ろすことまで手伝ってくれました。涙涙
くぅ〜、旅先で受ける親切は心にしみるね。しかし、ウルウルしてばかりもいられない。ば、ばすぅ〜。
間一髪、間に合った。

バスターミナル6:10発。台北発8:30、タイ国際空港11:00着。さぁ〜、この足でアユタヤだ!
 士林夜市スーリンイエシ
場 所  MRT淡水線「剣潭」駅下車。徒歩2分。
夜市のお目当ては「食」。
例えば、何を食し方というと、
かきと台湾の青菜を炒めたところに地瓜という芋の粉を水でといたものと卵をかけたお好み焼きともオムレツともとれる様なもの。そこにタレがかかっている。
屋台の定番。虫可仔煎オアチェン・40元とか、
写真右は鉄板焼き、他臭豆腐やカキ氷等、目に映ったものは何でも胃袋へ。
.
宿  YMCA HOTEL .All Right Reserved(YMCA國際賓館版權所有)
住 所  19 Hsu Chang St., Taipei, Taiwan(台北市許昌街19號)
TEL 886-2-23113201~8 場 所 MRT「台北車站」出口4から、大亜百貨とヒルトンホテルの間の道をぬけてすぐ左折。慶豊銀行隣。ロイヤルホストの看板が目印。台鉄「台北」駅、MRT台北車站、市バス乗り場、空港行きリムジンバス「中興号」乗り場が、いずれも徒歩3分以内。
日本語
クレジットカード JCB、VISA、
MASTER、AMEX
泊まった部屋(左写真)はツインで2200元、
カード払い日本円で7800。
YMCAを利用するのはこれが初めて。YMCA?ってこんなに綺麗なの?驚きました。
フロントで「安くして&朝食含みにしてぇ」と言ってみましたが、×でした(苦笑)。
大抵どこに泊まっても一応、「言ってみる」が私の中のでの決まりごと。
ちなみに結構OKしてくれる宿って多いんですよ。
UP

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO