バンコク旅行記 バンコクでお買い物
プーケット〜ピピ島〜クラビ〜バンコクの旅 8日目

シルクのクッション
 旅行記
・ウィークエンドマーケット
 (チャトチャック)
 ここで購入した雑貨たちはこちらから

食:ソンブーン(ニセ?ソンブーン)
 タイムテーブル
起床 (06:00)
ウィークエンドマーケット (09:30)
プラトゥーナム市場 (16:30)
バンティックプラザ
ソンブーン(偽!!)
パッポンあたりを散歩
ホテルに戻る
 旅の明細書
内   訳 金額 単価
タイシルク布2枚 1,300B .
タイシルク布5枚と物入れ 600B .
32B 8B
カード5枚&絵4枚 1,100B .
バンブー入れ物 280B .
お香 220B .
昼:麺 30B .
壺・皿・蓋付小鉢 . .
Tシャツ(小) 160B .
Tシャツ2枚 250B .
Tシャツ 160B .
シェイク2杯 280B .
Tシャツ5枚 900B .
ソンブーンでビール 150B .
ソンブーン〜ソンブーン(トゥクトゥク) 60B .
ソンブーン 1,320B .
 空心菜 . .
 蟹カレー . .
 海老焼き . .
 中国茶 . 50B
 スプライト . 40B
 水 . 10B
 サービス料10%
 TAX4%
. .
宿:
ノボテルバンコクオンサイアムスクエア
5,000
.
. 計 25,642円
 PR
 他のタイ旅行記
バンコク・アユタヤ・
プーケット・ラチャ島

ラチャ島
台湾・アユタヤ・バンコク
アユタヤ
チェンマイ・メーサイ・
タチレク・サムイ島

カレン族
 タイのホテル予約
JCH
 私もよく利用しました。オススメです。
アップルワールド
 体験談・口コミあり
ホテルクラブ
RatesToGo
ホテルクラブ
ホテルタイランド
 タイ専門です
11月24日(土) バンコク
■ 旅行記 ■
 ウィークエンドマーケット
場所 BTSスクンビットラインの終点モチット(Mo Chit)駅から徒歩で5分、
チャトゥチャク公園
営業 土日の週末、AM10:00〜PM18:00頃まで
97年撮影
右に工事中のBTSの高架が見られます。
左の歩道は人で一杯。
シルク布のランプシェードや
タイ文字の時計など
タイらしいお土産が沢山。
このマーケットで購入した雑貨たちの写真コーナーはこちら
お香や
かわいいろうそく
ダース売りがお得。
香りもデザインも様々。
配り物のお土産としてもよい。
衣類(Tシャツ) 街で購入するのと値段は変わらない。
私はまとまってゆっくり見られるプラトゥーナム市場(偽プランドモノ多し。素材は抜群!デザイン◎)かサイアムスクエアにあるマーブンクロン等で買う事が多い。
ジーンズ 古着、偽リーバイスやタイブランドのジーンズ、ノーブランドのものなど、199Bくらいからある。私はタイブランドのジーンズを購入。とても気に入っています。日本でも、よく誉められます。
食 器 パイナップル柄やセラドン等、普段使いのものが安く手に入ります。
底や内側等、雑な作りのものも多い。少し高くて綺麗なものもを扱うお店もあります。用途に合わせて、使い分けてみては。
アーミーグッズ 東京の上野などで見るものより、ずっと安いと思います。店舗も一角にまとまっているので見やすい。
布(民芸品) 街中又はデパートで購入する、1/2〜1/3の価格で手に入ります。
狭いながら、おすすめのショップがあるけれど、うーん、場所の説明できない。残念。
街の売っているものよりも品質が落ちるものも多い&灼熱地獄&混雑と難関は多いですが、まだまだ楽しいウィークエンドマーケット。

午後からは大変混みあいます。(開場中の入場者数はのべ30万人とも言われています)
またタイ人でさえも閉口する暑さ、まだ涼しく、空いている午前中にいかに訪れることをおすすめします。
私としてはこのウィークエンドマーケットの本当のすさまじいさを体験して欲しいなぁなんて思います。午後3時頃からが特にすごいですよ。
目印の時計台がとおりは非常に広く歩きやすいが、午後になると、ここにも露天が出現。
衣類が中心で、値段も安く、タイ人に特に人気があります。

観光客も増えたことで、マーケット内の地図やショップの番地の様なものもできました。それでも 欲しいものを見つけたら、その場で交渉、購入すべし(お店による値段の差はあまりありません)。
地図があっても、なかなか同じお店にはたどり着けないんです(人混みと迷路の為)。
エアコンの入っているお店や食事スペースも増え、お買い物もだいぶ楽にできる様になりました。
私としては・・・・きびしぃ〜けれど、安い、以前のマーケットの方が好き。ちょっと残念。

■■マーケット内の銀行■■
換金は時間が遅くなるに伴い、大変混みあいます。
マーケット内はスリも多く、危険なので、必要以上の現金を持っていくことは避けた方がよいです。
私もタイバーツといざという時の円を持参。結局、お金が足りず換金することになりました。
以前は待たずとも、1階の窓口ですぐに換金できましたが、今回は銀行2階に上がり、番号札をもらい待ちます。私は、1時間程待たされました
◆◆ まとめとアドバイス ◆◆

kikukoさん提供チャトチャック内。
タイらしい。勿論、犬もひらいてます。ひらき犬とは
1. 午前中から繰り出すべし
2. これ!と思ったら、買ってしまった方が無難。
迷路の様な市場内で、お目当ての店を探し出すのは至難の技。混み始めると通路は人であふれ、歩くのも大変。目当ての店にたどり着くまでに疲れてしまいます。
(もっと安い店更によいものがあったらごめんなさい)
3. 水分補給はこまめに!(熱中症に注意)
4. 同行者がいる場合、離れないこと!会えなくなる可能性大。もしもはぐれてしまった時の待ち合わせ場所も決めておきましょう。
例) 銀行の前や時計台(時計台前はすごい人なので、時計台のどのあたりという感じで)
5. スリと足元に注意。
下水にフタがないところ多数。台車の往来もあり、足を踏まれそうになることも多々あり。
銀行前の長いすで連れが目をつぶって休憩していたら、スリ集団に囲まれた。銀行前に立っていた警備員が追い払ってくれましたが、少したつとすぐ戻ってきて、再度狙ってきます。マーケット内、危険な場所ではありませんが、スリは多いので、気をつけましょう。
ウィークエンドマーケット内の店
買う Tho Thong Konniyom(トー・トン・コンニヨム)   − Tシャツ屋 −
タイ文字やオリジナルデザインのプリントTシャツの店。タグや素材にもこだわりあり。くるくるっと丸めたTシャツをタイ文字入りのリボンで結んでくれる。他店のTシャツに比べると、値段は少しだけ高い。サイズもSS、S、M、L、XLと豊富。
飲食 Viva(ビバ)   − バー&カフェ −
おしゃれなお店のさきがけとなった店(私が勝手にそう思っている・・)
周囲の店に比べれば値段は高いが、マーケットで疲れた体と心(笑)を癒すのにはこのくらいの値段は○かな。心地よい音楽が流れ、店員さんもテキパキ仕事をしている。メニューに値段もあり、明朗会計。欧米人のお客が多い。この周りの店舗は布やアクセサリー、ランプに雑貨とナイスな店も多い。
■  食  ■
ソンブーン (偽物ソンブーン?)
コメント − 偽?ソンブーン −
一体、私たちが連れて行かれたソンブーンはどこなのか。果たして本当にソンブーンだったのか。そんなはずがない。。。そこは偽ソンブーン。

タクシーを拾い、本店を目指す。しかし着いた先は、看板もなく、オープンテラスで舞踊までやっている。周囲は白人のお客さんばかり。それにビールも一杯150B?なんだ、この値段は!
店の人に、住所と店名を見せ「ここはソンブーンの本店?」と尋ねるも、「そうだ」と言い張る。
尋ねる私もなんだけれど、絶対に違う。執拗に尋ねると渋々、本店ではないと認め、店を移る事に。そもそもソンブーンの支店ですらないのだが、その時は、下調べもせずに訪れたので、私たちは何がなんだかわかっていなかった。

店側が用意したトゥクトゥクに乗る。これがまた失敗。60Bも支払ったのに、そのお店から5分と行かない距離の寂れたレストランに連れて行かれる。え?こ、ここがソンブーン?店内には数人の外国人のお客さん。
この続きは後日UPします。

後日訪れた、正真正銘のソンブーンレポートはこちらから。
この旅行記のTOP 1日目成田→プーケット 2日目プーケット→ピピ島 3日目ピピ島 4日目ピピ島→クラビ
5日目クラビ 6日目クラビ 7日目クラビ→バンコク 8日目バンコク 9日目バンコク→成田
Copyright(c)2002 行きタイ!活きタイ!生きタイ! All rights reserved.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO