プーケットからピピ島へ
プーケット〜ピピ島〜クラビ〜バンコクの旅 2日目

レムトンビーチの朝焼け
 旅行記
・プーケットのホテルの朝の風景
・ピピ島へ向う
・ピピ島のベストシーズンは?と宿
・宿の前の海
・食:Amico Resto
・食:アロイ
・宿:ピピ・ナチュラル・リゾート
・宿:ホリディ・イン・リゾート
 タイムテーブル
起床(05:00)↓
パトンビーチホテル発(07:50)↓
プーケット港着発(08:25)↓
トンサイ・ベイ着(11:15)↓
昼食:Amico Resto(12:15)↓
トンサイ・ベイ発(13:00)↓
ピピ・ナチュラル・リゾート
(14:00)
シュノーケリング(15:30)↓
夕食:アロイ
 旅の明細書
内   訳 金額
ピピクルーザー往復 1,200
B
600B
昼食:
Amico Resto
430B .
 シーフードピザ . 170B
 フィットチーネ
 海老クリーム風
. 150B
 ウォータメロンシェイク . 50B
 エスプレッソ . 60B
トンサイ〜ラムトン
(ロングテールボート)
300B .
シュノーケリングセット 140B .
夕食:アロイ 734B .
 ビール(小) . 80B
 蒸し魚 . 344B
 カレー&ライス . 180B
 さつま揚げ . 180B
宿:
ピピ・ナチュラル・リゾート
7,965
.
. 計 16,377円
 PR
 他のタイ旅行記
バンコク・アユタヤ・
プーケット・ラチャ島

ラチャ島
台湾・アユタヤ・バンコク
アユタヤ
チェンマイ・メーサイ・
タチレク・サムイ島
カレン族
 タイのホテル予約
JCH
 私もよく利用しました。オススメです。
アップルワールド
 体験談・口コミあり
ホテルクラブ
RatesToGo
ホテルクラブ
ホテルタイランド
 タイ専門です
11月18日(日) プーケット→ピピ島
ピピ島レムトンビーチ
ピピ島ラムトンビーチ(レムトンビーチ)の風景
沖合いにバンブー島
■ 旅の明細 ■
・ピピクルーザー往復
 (プーケット〜ピピ島〜クラビまで・プーケット船着場までのピックアップ料金込)) :一人600B
・ピピ島トンサイ湾〜ラムトンビーチまでロングテールボート料金:二人300B
他、詳細は左の「旅の明細書」をご覧下さい。
■ 旅行記 ■
 プーケットのホテルの朝の風景
パトンビーチホテルの朝食は盛り沢山で味もなかなか美味しかった。
それにしても日本人のおじさんの団体が多い宿だなぁ。朝、お姉さんを送りにホテルを出て行く人もいれば、ロビーで別れる人もいる。フロント&ロビーや朝食の写真をUPしようと思ったけれど、おじさんたちも写ってるから自粛。
何度かタイには来ているけれど、こんなにおじさんたちが多いのは初めて。バンコクもおじさんで一杯だった。
 ピピ島へ向かう
ピピへ向かう為のPICK UPの車がナカナカ来ない。ロビーにいた多くの人も車も去り、、私たちはフロントにポツン。取り残される。車は20分遅れでやって来た。
運転手のおじさん、冷や汗(?)かきながらとばすとばす。時計ばかり見るから私たちも焦る。
出航時間は8時30分。5分前に到着。走って船に乗り込む。でもまぁ、タイだし、どうせ出航は遅れるのだろうと思っていたら、時間ぴったりに出航。
ふぅ。間に合ってよかった。おじさんもホッとした事でしょう。仲間と苦笑いしてるおじさんの顔が船から見えた。結果オーライ。タイでよく言う「マイペンライ」なのだ。

プーケット〜ピピ島は、いろんな定期便が出ています。料金も所要時間も様々。私が利用したのは、ピピクルーザー。プーケット湾を8:30出航。ピピ島トンサイ湾には2時間後の10:30の到着予定。このときは11:15着でした。
 ピピ島のベストシーズンは?と宿
見えてきた見えてきた。ピピ島。残念ながら、前回訪れた3月よりコンディションは悪い。海の色が違う。連れには前に見たのと同じ海を見せてあげたかったなぁ。ちょっとがっかり。
ピピ島と呼ばれる島は二つある。ピピ・ドン島という大きな島とピピ・レ島と呼ばれる小さな島。宿泊施設もある島はピピ・ドン島。
プーケットから出た船はまず、ピピ・ドン島のトンサイ湾(左写真)に着く。この島で一番賑やか、ホテルもレストランもあるエリアだ。
トンサイ〜ラムトンは、ロングテールで行く。前回はその間の料金は請求されなかった。その辺のシステムが今ひとつわからない。今回は2人で300B。ロングテールを出すまでにまだ時間があるということなので、4年ぶりのトンサイを散歩。通りも長く伸び、コンビニが出現していてびっくりした。
以前とは違い、桟橋とは逆側のビーチからロングテールは出発。風を切って走るロングテールボートは気持ちいい。どのくらい走ったかな。ラムトンエリアのビーチに到着。
次はトラクターに乗りかえる。このが揺れるんだ。そのたびに喚声が上がり、みんな笑顔になる。気を抜いているとトラクターがら転がり落ちちゃうぞー。そんな時は搭乗者みんなで助け合い。あっという間にみんな仲良くなってしまうのであった。
ラムトンビーチにあるピピ・ナチュラル・リゾートに到着。宿の感想は・・・。個人的にはパームビーチトラベルロッジリゾートの方が好き。しかしまぁ、値段もだいぶ違うしね。
 ピピ・ナチュラル・リゾート前の海
ピピ・ナチュラル・リゾート前の海でのシュノーケリングはおすすめ。泳ぎに不安が残る私でも、浜辺からすぐの場所でサンゴや魚たちが見られるから、とても安心。なぁ〜んていいながら、気が付けば砂浜は遥か彼方に。急に怖くなって慌てて岸に向かう。その途中で、また何かを発見、気づけば、沖に向かって泳いでる。その繰り返し(3歩歩いて・・・なんて、ニワトリかい)。
いろんな魚がいるから、何時間海に浮いていても全然飽きない。
雨季が明けたばかりだからでしょうか。午後4時を過ぎると、少しずつ風が強くなり、海も波立ってきます。3月に訪れたときは海に波が立つのさえ、見ることはありませんでした。
シュノーケリングの道具は、ピピ・ナチュラル・リゾートでも、そばのショップでもレンタルできます。
■  食  ■
Amico Resto (イタリア料理)
場所 メインストリートのイタリア料理店-メインストリート沿い、ピピホテルのはす向かい
コメント 海が目の前。それを眺めながら食事のできるカジュアルな店。
・フェっトチーネ・海老のクリーム風Fettuccine Suggestion:150B:クリームソースの中にアスパラと海老、マッシュルーム入。コッテリとし、とても美味。
・シーフードピザPizza Seafood:170B:ソースもシンプルで本格派イタリアンピザ。生地は薄め。シーフードもたっぷり◎。
・エスプレッソ:60B:しっかりとした味で○
・ウォータメロンシェイク:50B;これも合格!
アロイ (タイ料理)
場所 ラムトンエリア、コーラルリゾートのレストラン
コメント ビーチに椅子とテーブルが並べられていて、波の音と風を受けながら、食事ができる。
ライスがハートの形に盛られていた。かわいい。グリーンカレー、蒸し魚は○。
トートマンプラー(魚のすり身の薩摩挙げ)は、うぅぅ・・・ん、いまいち。
ラムトンエリアは食事が出来る所が少なく、また、価格も高い。それがネック。
■  宿  ■
ピピ・ナチュラルリゾート Phi Phi Natural Resort
2001年11月利用
住所 MOO 8 BAAN LAEMTONG, AO NANG PHI PHI ISLAND, KRABI 81000
場所 ピーピー・ドン島の北端にあるレムトン岬。バンガロータイプ。
コメント 宿の前の海でのシュノーケリングはおすすめ!いろんな魚がいて、飽きません。道具は宿もしくはそばのショップで借りることができます。
朝食は美味しくないそうです。確かに、ここで夕食をとっている人もほとんど見かけません。レストラン脇に小さなプールがあります。
部屋は写真でも綺麗に見えますが、実際はくたびれた薄暗いコテージです。部屋で過ごす時間が短い(寝るだけ)のならなら充分。
部屋でゆったり過ごすことを考えるのなら、もう少し、清潔感のある部屋の方が、くつろげるかなと思いました。
テレビ、冷蔵庫有。サンデッキがあるのはグッド。

ちなみに、私が宿泊した部屋は109号、シービューです。
■ホテル予約のサイト
JCH ホテルクラブ RatesToGo ホテルクラブ
アップルワールド(体験談・口コミあり) ホテルタイランド
ホリデイ・イン リゾート ピピ アイランド (旧:パームビーチトラベルロッジリゾート)
 1998年3月利用
住所 54 Moo 8, Tambon Aonang, Koh Phi Phi, Phuket, 83000
場所 ピーピー・ドン島の北端にあるレムトン岬。コテージタイプ。
コメント 宿宿の前のビーチが大好き。コテージは清潔感いっぱい。プールサイドで食べる朝食も美味しい。高台にサンセットの時間だけ営業のバーがある。そこから夕日を眺めることができる。

今回の旅もこの宿を希望したが、7件程代理店を当たったが、とれなかった。旅行会社勤務の友人に頼んだところ、ホテル側からの返答も対応も??との事。
出発直前、急遽、部屋が抑えられることにはなったが、ガーデンビューかシービューかは訪れてみないことにはわからないのこと。
98年3月に訪れた時は宿泊客は驚くほど少なかった。しかし、今回、11月という時期に70棟もあるコテージが既に満室なのか?団体優先or日本人客をあまり好まないのかな?(そういう宿もありますよね)経営者が変わり、体勢がかわったのかな?ここに泊まりたくて、ピピ行きを決めた程でしたが、現地でイヤな思いをしたくないので、断念。

(現地にて)
訪れると、敷地内は綺麗に整備され、一段と素敵な雰囲気になっていた。満室という状態ではないけれど、ガーデンビューのコテージからも部屋の灯りがもれていた。明らかに98年とは違う。疑っちゃってごめんなさい。
ガーデンビューでもこの宿にすればよかった。連れも同意見。あぁ、失敗。
当時は、日本語のサイトはなかったが、今は丁寧なサイトがある。扱う旅行代理店も多いので、今後はこのようなに返答が悪いことはないと思います。また行きたくなっちゃた。

フロントからの眺め
この旅行記のTOP 1日目成田→プーケット 2日目プーケット→ピピ島 3日目ピピ島 4日目ピピ島→クラビ
5日目クラビ 6日目クラビ 7日目クラビ→バンコク 8日目バンコク 9日目バンコク→成田
Copyright(c)2002 行きタイ!活きタイ!生きタイ! All rights reserved.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO