猫のみぃと生きタイ♪   
TOP
ワクチンで予防できる猫の病気
初めまして

猫のワクチンは今まで2つでしたが、
新たに「猫クラミジア感染症」のワクチンが加わり、
合計5つの感染症が予防できるようになりました。


初めてのお医者さん
退院のご報告と入院と費用
葛 藤
相性と治療
それぞれの一番
病気の値段
ワクチン
虹の橋へ
■ ワクチンの種類 ■
三種混合ワクチン
猫白血病ウィルス感染症ワクチン
猫クラミジア感染症ワクチン
■ ワクチンで予防できる5つの感染症 ■
猫ウィルス性鼻気管支炎 (猫風邪)
ヘルペスウィルスによる感染症で、激しいくしゃみ、咳、鼻炎などの呼吸器症状の他、結膜炎を引き起こします。40度前後の高熱が出て、食欲がなくなります。強い伝染力があます。子猫の時に特にかかりやすく、成猫にも感染します。
猫カリシウィルス感染症 (猫のインフルエンザ)
かかり始めは、くしゃみ、鼻水、発熱など、猫ウィルス性鼻気管支炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができることもあり、また、時には急性の肺炎を引き起こして、死亡することもあります。
猫汎白血球減少症 (猫バルボ)
白血球が極端に少なくなる病気で、パルボウィルスが病原体。高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢が始まると脱水症状となります。体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともある怖い病気です。
猫白血球ウィルス感染症
持続感染すると80%が3年以内に死亡します。白血病やリンパ腫などの血液の癌、貧血、流産などを起こします。病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、様々な病気も併発しやすくなります。感染してから発病するまでの期間が大変長く、その間は見かけ上健康に見えますが、ウィルスを排泄し、他の猫へうつします。
猫のクラミジア
クラミジア、シッタシーという細菌による感染症。菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻汁、くしゃみ、咳がみられます。肺炎を起こすこともあります。ヒトに感染し、て、結膜炎が起きた例も報告されています。
■ ワクチン接種は安全か? ■
100%安全とは言えません。
それは、ワクチンに限らず、何でもそうですよね。
人間のワクチンでも副作用反応が出る人がいるように、
猫でも同じような事が希ですがあります。

(写真:病院から帰ってきてまったりぃ〜なみぃ)
UP


「行きタイ!活きタイ!生タイ!」
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO